MENU

カードローンとは?

急な出費、ちょっとしたお金の不足時に便利なのがカードローンによる借入です。
カードローンとは文字通り借入専用のカードを使用してお金を借りるローンです。
審査に合格すると、借入専用のカードが発行されます。
発行されたカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。
ちょうど銀行などの預金口座からキャッシュカードを使用して現金を引き出す要領です。
しかしあくまで「借金」であり、自分のお金を引き出すわけではありませんので注意しましょう。

 

ちなみにATMとは「現金自動受払機」のことで、現金の入金と出金の両方を行うことができます。
一方CDとは「現金自動支払機」のことで、現金の出金は可能ですが入金を行うことはできません。
カードローンでは返済時にもカードを使用することができますが、ATMでは返済できてもCDでは返済できない点にも注意しておきましょう。

 

カードローンの借入限度額

カードローンには借入可能な借入限度額が設定されます。
基本的には借入限度額に空き枠があれば、その空き枠を使って自由にお金を借りることができます。
一度借入限度額いっぱいまでお金を借りた場合でも、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を使っていつでも追加で借入を行うことができます。
この「いつでも自由に追加借入可能」という点が、カードローンの最大の特徴といえるでしょう。

 

カードローンの借入限度額は、申し込み後の審査で決定されます。
当然希望する借入限度額で契約可能とは限りません。
利用者の返済能力などをあらゆる方面から判断して、借入可能な限度額が設定されます。

 

カードローンの資金使途

ローンなどで借りたお金の使い道を「資金使途」といいます。
カードローンは、この資金使途が基本的に自由なローンです。
借りたお金はある程度利用者の裁量により自由に使うことができます。
普段の生活資金の不足だけでなく、飲み会費用、冠婚葬祭、旅行代、書籍購入代金といった、個人的なあらゆる目的で利用できます。
また利用の都度、目的を申告する必要もなく、資金使途を確認できる書類なども提出する必要はありません。
「資金使途が自由」という点もカードローンの大きな特徴です。

 

ただし通常はパチンコや競馬などのギャンブル資金や、株式投資などの投機性資金としての利用は禁止されています。
またカードローンは個人向け融資ですので、法人や個人事業主などの事業性資金としても利用できません。
禁止されている目的にカードローンを使用したことが判明すると、ただちに一括返済を請求されます。
それどころか契約違反として違約金を請求されることもあります。
また万が一返済不能になり法的整理(自己破産や民事再生など)の手続きをとった場合でも、禁止された利用のカードローンは免責が認められないこともあります。
免責が認められなければ、借りた借金は整理されず、最後まで返済を行うことが求められることになります。

 

カードローンの担保・保証人

小口の個人ローンであるカードローンは、基本的に無担保・無保証です。
申し込みに際し、担保を提供したり保証人を立てる必要はありません。
逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできない、ということです。
審査などではあくまで利用者自身の返済能力が問題となります。

 

銀行などでは不動産などを担保とした「大型カードローン」を取り扱っている先もあります。
商品自体の借入限度額も数千万から1億円といった高額融資が可能な商品もあります。
それだけ多方面での利用が可能になりますが、借入金額が大きいということはそれだけたくさん返済しなくてはいないということにもなります。
返済期間の長期になりますので、より計画的な利用が重要になってくるでしょう。