MENU

カードローンの金利の仕組み

カードローンを利用するうえで一番気になるのが金利の問題でしょう。
「できるだけ低金利で借りたい」と誰もが考えるはずです。
それにはまず金利の仕組みをきちんと理解しておく必要があります。

 

カードローンの金利とは?

金融機関でお金を借りる場合には、借りたお金に対して一定額の手数料を支払う必要があります。
この手数料を「利息」といい、借りたお金に対してどれだけの割合の「利息」が発生するのかを計算するのが「金利」です。
金利の表示方法には「年利」「月利」「日歩」などがあります。
それぞれ借りたお金に対して「1年間で何%」「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示しています。
このうち、通常カードローんでは「年利」が使用されます。

 

また現在の法律においては、カードローンの金利は「実質年利」で示すことが決められています。
「実質年利」とはローンを利用する場合、利用者の費用負担を全て含んで計算する意味です。
個人ローンでは商品により「ローン手数料」「事務手数料」「保証料」など、利息以外の費用が発生することがあります。
カードローンではこれらの費用を全て含んだ「実質年利」が用いられますので、費用負担が分かりやすいものになっています。
ただし提携先ATM手数料などは別途負担しなければいけません。

 

「実質年利」ではなく、単に「年利」とだけ表示されている金融業者には注意しましょう。
一見金利が低く見える場合でも、様々な手数料などを請求される危険性があります。
違法な営業を行っている「闇金」である可能性が高い金融業者ですので、決して関係を持たないようにしましょう。

 

カードローンの金利・利息の計算方法

「実質年利」を用いたカードローンの利息の計算は以下の式で行われます。

 

・利息=借りた元金×金利(実質年利)÷365日×借りた日数

 

例えば10万円を金利(実質年利)18.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は次のようになります。

 

・10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

 

1ヶ月後に10万円を一括で返済する場合には、利息1,479円を合わせて101,479円を返済するということになります。
ただしカードローンでは多くの場合借りたお金は毎月分割で返済していきます。
例えば10万円を毎月元金1万円ずつ返済していくケースを考えてみましょう。

 

・1ヶ月目

 

借入残高は10万円なので利息は、10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円。
これに返済元金1万円を合わせて11,479円を返済する。

 

・2ヶ月目

 

借入残高は9万円なので利息は、9万円×18.0%÷365日×30日=1,332円。
これに返済元金1万円を合わせて11,332円を返済する。

 

・3ヶ月目

 

借入残高は8万円なので利息は、8万円×18.0%÷365日×30日=1,184円
これに返済元金1万円を合わせて11,184円を返済する。

 

これを借入残高が0になるまで続けていきます。
ちなみにこのケースでは最終的に、返済回数10回、利息総額8,139円、返済総額108,139円となります。

 

ただしこのケースは「毎月元金1万円返済」という「元金均等返済方式」により計算されたものです。
「返済方式」の違いで同じ金額を同じ金利で借りた場合でも、毎月の返済金額や返済総額が異なってきます。
各社のホームページでは商品により設定された返済方式による「返済シュミレーション」のツールが準備されています。
カードローンの利用前には必ず確認するようにしましょう。