MENU

カードローンとキャッシングの違いとは?

「カードローンでキャッシング!!」
このようなフレーズをよく目にします。
この場合の「キャッシング」とは「小口のお金を借りる」という意味です。
一方、個人ローン商品としての「カードローン」と「キャッシング」は厳密にいえば異なる性質の商品です。

 

カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングの違いは返済方法にあります。

 

カードローンは基本的に「分割返済」です。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にそれまでの利息を合わせて分割で返済します。
一方「キャッシング」は基本的に「一括返済」です。
借りたお金は翌月の返済日にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。
このような性質上、借りることのできる金額はキャッシングに比較してカードローンが高額になる傾向にあります。

 

ただし最近ではこの両者の違いが非常にあいまいになっています。
カードローンでも当然のように一括返済が可能になっています。
またキャッシングと名のつく個人商品でも分割返済が可能になっています。
両者を同じように扱っているインターネットのサイトなどもたくさん見つけることができます。

 

利用する側としては名称の違いにとらわれないように注意しなくてはいけません。
返済方法を含めた商品自体の中身に注目しておきましょう。
そして自分の都合に合った商品を選択することが大切です。

 

カードローンとクレジットカードの違いとは?

次に「カードローン」と「クレジットカード」の違いについて考えてみましょう。
財布の中にたくさんのカードを保有されている方も多いのではないでしょうか。
特に金銭に関係する「カードローン」と「クレジットカード」の違いについてはよく知っておく必要があります。

 

「カードローン」は直接現金を借りることのできるカードです。
ATMやCDで現金を引き出すことで、直接借入が成立します。
借りたお金は契約に従って利息を合わせて返済していきます。

 

一方「クレジットカード」では直接現金を借りることはできません。
店頭での商品購入代金を「立て替える」目的がクレジットカードの特徴です。
立て替えた金額は後ほどクレジットカード会社から請求されることになります。
通常一括返済では利息(手数料)は発生することはありません。
一方、分割返済(リボ払い)の場合には利息(手数料)が発生する仕組みになっています。

 

クレジットカードのキャッシング枠

ただし最近のクレジットカードには商品代金立替の「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」を設けるカードも多くなっています。
この「キャッシング枠」を利用することでカードローンと同様に現金を直接借入することができます。
この借入は「キャッシング」と名がついていますが、一般的には分割返済が可能になっています。

 

クレジットカードの申込書などにには「キャッシング枠を設定しますか?」といった項目が設けられています。
この項目にチェックを入れることで別枠の「キャッシング枠」を設定することができます。
ただし審査の過程ではキャッシング枠が認められないケースもあります。
またキャッシング枠が不要という方は、間違ってチェックを入れないように注意しましょう。