MENU

カードローンの審査基準とは?

カードローンを利用する際の最大の関門が「審査」です。
まず審査に合格しなければカードローンを利用することがはできません。
審査基準は各社異なっており一概にいうことはできません。
しかし審査の目的は「利用者がきちんと最後まで返済できるかどうか」を判断することです。
この点を踏まえておけば、ある程度常識の範囲で審査基準を想像することは可能です。

 

カードローンでは申込書に記載された各項目や資料を元に審査を判断します。
そこでどのような項目についてどのように判断するかどうか考えてみましょう。

 

年収について

審査で最も重要視される項目が年収でしょう。
年収が少なければそれだけ返済不能になるリスクが高まります。
しかし単純に年収が多ければいいというわけでもありません。
収入自体が安定しており、借入金額に相応の額を毎月コンスタントに確保していれば審査に合格できる可能性も高くなります。

 

近年では非正規雇用(派遣社員・契約社員・パート・アルバイト)の方の割合も増えてきています。
審査では当然正規社員が有利となりますが、非正規雇用の方でも安定した収入さえあれば十分審査に合格することも可能です。
実際最近ではパートやアルバイトの方でも利用できるカードローンが増えてきています。

 

ただし「総量規制」の対象となるカードローンでは年収の3分の1以上の借入はできません。
他社を含めて年収の3分の1以上の借入を希望しても審査に合格することはできませんので注意しましょう。

 

持家か賃貸か

カードローンでは持家の方が審査上有利とされています。
自分の家を持ったまま逃げることはできないためです。
資産価値という点も踏まえて審査では有利な条件といえるでしょう。

 

ただし賃貸だからといって不利というわけでもありません。
しっかり家賃を支払っており相応の収入があれば、賃貸だからという理由で審査が不合格となることはまずありません。

 

勤続年数

意外と勤続年数は審査上重要視される項目です。
年収の額よりも勤続年数を重要視しているケースもあるといわれているくらいです。
同じ会社に長い間勤めている方は、それだけ真面目で信用できる人物と判断されています。
いくら年収が高くても勤続年数が少なければ審査では不利となります。
最低でも1年以上、スムーズに合格を目指すのであれば3年以上の勤続年数は確保しておきたい条件です。

 

電話形態

最近では固定電話を保有しない方も増えています。
家計の無駄を省く目的や、いやがらせの電話を拒否するために固定電話を保有していない家庭も多いでしょう。
以前では固定電話はカードローン利用の条件となっていた先もありました。
しかし現在では固定電話の保有は絶対条件では無くなっています。

 

むしろ常に連絡がつく携帯電話の価値が高まっているといえるでしょう。
番号ポータビリティ制度などで簡単に電話番号を変更する方も少なくなっています。
スマートフォンも含めて連絡手段として利用価値が大きくなっています。

 

公共料金の延滞

毎月の公共料金の支払いの遅れがカードローンの審査に影響を与えることはあるのでしょうか。
実際には公共料金の延滞事実をカードローン会社が知ることはできません。
そのため延滞が理由で審査に不合格となることはない、といえるでしょう。

 

ただし公共料金の延滞には必ず何らかの理由があるはずです。
単に入金遅れだといっても、それだけ信用力が乏しい方であるといえます。
延滞遅れの事実をカードローン会社が知ることはできませんが、その信用力の欠如は必ず他の面で表面化されてくるものです。
収入の少なさからの延滞であればいうまでもありません。
延滞事実がそれだけで不合格となる理由ではありませんが、その他のところで不合格となる理由が必ずあるといえるでしょう。