MENU

カードローンは主婦でも利用できる?

結婚して家庭に入ると、これまで自由に使えていたお金も家族のために使う必要が出てきます。
とくに女性の方は、独身の時に比較して自由にお金を使うことができなくなるケースも多くなるでしょう。
しかし主婦の方でも時としてまとまったお金が必要になることもあります。
生活費の不足だけでなく、自分自身の趣味や楽しみにまとまったお金を借りたいと考えることもあるでしょう。
主婦の方でもカードローンは利用できるのでしょうか?

 

収入があれば利用可能

主婦の方でも自身の収入があればカードローンの利用は可能です。
正社員だけでなく、パートやアルバイトで自分自身の安定した収入があれば利用できる可能性も高くなります。
とくに最近ではパートやアルバイトでも申込可能としたカードローンが増えてきています。
「総量規制対象外」である銀行カードローンなどであれば、安定した収入さえあれば、十分審査に合格できます。

 

ただしパートやアルバイト収入自体がそれほど多くはないでしょうから、借りることのできる金額もそれほど高額は難しいかもしれません。
それでも一時の出費を補うだけの金額は十分期待することもできます。

 

専業主婦では?

一方専業主婦の場合には、対応は2つに分かれています。
自身に収入が無いことから申込不可とする先と、配偶者(夫)の収入を合算で考慮して申込可能とする先です。
後者の場合には、当然配偶者(夫)の収入証明書などを提出しなければいけません。
カードローン会社によっては配偶者(夫)の同意書を要求したり、保証人とする先もあります。

 

「夫に内緒で借りたい」と考える主婦の方も多いでしょう。
しかし金銭のトラブルは深刻な人間関係の悪化を招く危険性があります。
できれば夫とよく相談したうえでカードローンの利用を検討するようにしましょう。

 

レディースカードローン

主婦を含めてカードローンを利用する場合お勧めなのが「レディースカードローン」です。
消費者金融などでは女性専用のカードローンが商品化されています。
対応スタッフがすべて女性ですので、安心してカードローンを利用できます。

 

金銭に関する相談を男性に行うことに抵抗感を覚える女性も多いでしょう。
その点スタッフが女性であれば安心して相談を行うことができます。
また男性特有の「威圧感」を感じることもありません。
まさに「女性に優しいカードローン」といえるでしょう。