MENU

カードローンを低金利で利用するこつ

「カードローンを利用するならできるだけ低金利で!!」
誰もがこのように思われるでしょう。
カードローンは基本的に無担保・無保証の個人ローンです。
そのため有担保・有保証のローンに比較してどうしても金利が高めになります。
そのなかでもできるだけ低い金利のカードローンを利用するには、いくつかのポイントがあります。

 

カードローンの上限金利・下限金利

カードローンの商品案内などの金利表示には一定の幅があるのに気づくでしょうか。
例えば「適用金利4.8%〜18.0%」といった表示がされています。
これは利用者によって適用される金利が異なることを意味しています。
「4.8%」で借りることができる方、「18.0%」で借りなければいけない方、それぞれおられるということになります。
この場合「4.8%」が最上限金利、「18.0%」が最下限金利となります。

 

カードローンの適用金利は審査により決定されます。
返済に対してのリスクが低いと判断されると、金利を低くしてたくさん借りてもらおうとします。
逆に返済に対するリスクが高いと判断されると、不合格にしないまでも金利を高くしてそのリスクをカバーする必要があります。

 

審査結果は一度申し込んでみないと分かりません。
ただし適用される金利は多くの場合「最上限金利」に近い金利で決定されます。
利用実績を積んでいくことで借入限度額が上がるに伴い、適用金利が下げられるのが一般的です。
特に初めてカードローンを利用される方は「最上限金利」を比較して検討するようにしましょう。

 

銀行カードローン・消費者金融カードローン

カードローンの金利は当然提供される会社により異なります。
一般的には「銀行カードローンは金利が低い」「消費者金融は金利が高い」といわれています。
適用される金利は利用者により異なりますので一概にはいえませんが、全体的にはこの傾向が当てはまるといえます。
最上限金利を比較した場合、全体的には銀行カードローンが消費者金融カードローンに比較して2〜3%程度低くなっています。

 

最近ではネット銀行のカードローンが低金利で非常に人気があります。
ネット銀行は基本的に有人店舗を保有していません。
店舗管理費や人件費を削減できる分、低金利のローン提供が可能なのです。

 

低金利のカードローンを求めるのであればまず銀行カードローンが選択肢となるでしょう。

 

金利以外の条件にも注意

ただしいくら金利の低いカードローンを見つけることができても、自分の都合にあった先でなければ意味がありません。
例えば借入や返済にたびたび遠方まで赴かなければいけなければ、交通費などの費用負担も馬鹿になりません。
カードローンの利用を考える時は、どうしても金利面に思考がいきがちですが、他の条件面もきちんと確認するようにしましょう。

 

確かに消費者金融カードローンに比較して銀行カードローンは金利が低くなっています。
しかし消費者金融カードローンの多くは「無利息サービス」が付与されています。
ほとんどの先で「初回利用者」に限定されたサービスですが、一定期間内に返済できる見通しがあるのであれば、利用を検討してもよいでしょう。
このように金利以外の条件面もきちんと確認しておくことで、上手にカードローンを活用できるのです。