MENU

カードローン審査の在籍確認とは?

カードローン審査の項目に「在籍確認」があります。
審査担当者が職場へ電話をかけてその会社に「在籍」していることを確認する作業です。

 

在籍確認の電話をする理由とは?

カードローンの申し込みを受けた金融機関では審査の過程なぜ在籍確認を行うのでしょうか。
それは「本人が申し込んだのか、勤務先の情報に嘘はないか。」の確認を行うためです。

 

カードローンの審査では返済能力を判断します。
そのためにも勤務先の情報は重要なポイントとなります。
万が一記載された勤務先が嘘の情報であった場合、返済に支障を与えるかもしれません。
そのリスクを防ぐ目的で行われるのが「在籍確認」の電話です。

 

在籍確認の方法

在籍確認は審査担当者が直接勤務先に電話をかける方法で行われます。
「職場に電話がかかってきてカードローンの利用がばれたらどうしよう。」
このような不安を感じるかもしれませんが、神経質になる必要は全くありません。
審査担当者は金融機関名なく、個人名で電話をかけてきます。
決してカードローンの利用がばれないようにきちんと配慮してくれますので安心しておきましょう。

 

職場への電話もそれほど堅苦しいものでもありません。
実際には次のようなやり取りが行われます。

 

・金融機関担当者「わたくし○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」
・職場の同僚「△△はただいま席をはずしております。」
・金融機関担当者「それでは結構です。」

 

たったこれだけです。
金融機関担当者としては必ずしも申込者(△△さん)と直接話をする必要はないのです。
申し込み記載の勤務先が間違っておらず、その会社に勤めていることが確認できればOKなのです。
普段課長などの役職名で電話がかかってくる方は、事前に担当者に役職名で電話をかけてくれるように伝えておくとよいでしょう。
電話を受けた同僚や部下は単なる取引先からの電話だと思うので安心です。

 

在籍確認の注意点

カードローンの申し込み時には、必ず連絡先のつく電話番号などを記載しなければいけません。
例えば次のようなケースには注意が必要でしょう。

 

・派遣元と派遣先→実際の勤務先を伝えておく。
・内線番号などが必要。
・勤務先が定休日など。
・職場がもともと外部からの電話を受付しない。

 

場合によっては社員証や勤務先組合保険証などで在籍確認を省略できるケースもあります。
事前に必ず審査担当者と相談しておくようにしましょう。

 

通常在籍確認は審査の最終段階で行われます。
勤務先に電話をかけてまで不合格とする意味がないためです。
在籍確認の電話があれば(希望する金額かどうかはともかく)審査には合格したと考えてよいでしょう。

 

逆に在籍確認がとれなければ審査も前に進みません。
時間が経過すると不合格という結果にもなりかねませんので注意しておきましょう。